プロフィール


下園 直宏 (柔道整復師)

Naohiro Shimozono

大阪医専 アスレティックトレーナー学科卒業

明治東洋医学院専門学校 柔道整復学科卒業

 

大阪医専にてNSCA-CPT、健康運動実践指導者資格を取得。卒業後、スポーツトレーナーの会社に入社し、トレーナーとして活動。その後、さらに専門的な知識と経験が必要と考え明治東洋医学院に入学。在学中は整骨院や整形外科などで助手として修行。平成23年4月に「いしきり整骨院」開業。整骨院業務とトレーナー活動を両立。

              年齢:37歳

              出身:鹿児島県


好きな言葉


          森 信三

腰骨を立てる

下腹に力を入れて

腰骨をシャンと立ててごらん

肩や胸に力を入れないで

顎を引きましょう

 

すばらしい姿勢です

元気な体のもとです

頭が澄んできます

 

あなたの我儘に、勝てる姿勢です

あなた自身を、見直す姿勢です

厳しい世の中を、のりきる姿勢です


ひとこと


「ずっさらしかっこでさるっな」鹿児島弁です(笑)。「だらしない格好で歩くな」という意味。私が昔、父親によく言われていた言葉です。躾(シツケ)のためであり、元気に育ってほしいという思いがあったのではないでしょうか。その意味がやっと理解できるようになりました。今では私が息子に「姿勢よく、お口を閉じて」と言い聞かせています。でも、伝わらない…。きっと伝え続けることが大切なことではないかと感じております。これからも治療家として父親として、家族と患者様へ歩行と姿勢の大切さを伝え続けようと思います。